名古屋のメンズ脱毛クリニックランキング  » 知っておきたいメンズ脱毛の基礎知識 » 痛みの程度

痛みの程度

メンズ脱毛として一般的な手法である、医療レーザー脱毛は痛みがあると言われています。痛みの程度と、痛みを軽減させるための方法について解説します。

医療レーザーの仕組み

クリニックの医療レーザー脱毛は、黒色のメラニン色素にのみ反応する特殊なレーザーを照射することで、脱毛する仕組みになっています。

レーザーをムダ毛のある部分に照射することで、ムダ毛のメラニン色素にレーザーが吸収され、その後は熱へと変化し、毛根と毛根周囲の組織を破壊します。

特に、毛根周囲にある毛包には毛を作り出す幹細胞が存在します。その部分を破壊すれば永久脱毛効果も期待できます。

クリニックでは、毛を剃り、毛根や毛包を残した状態でレーザーを照射します。レーザーを照射してもすぐにムダ毛が抜けるわけではなく、数日ほどかけて徐々に抜けていくこともあります。

医療レーザーは黒いメラニン色素に反応するため、黒くて太いムダ毛に高い効果を発揮します。

医療レーザーの痛みはどのぐらい?

医療レーザーは強い出力での照射が可能であるため、比較的少ない回数の照射で脱毛効果が得られます。また、前述のように黒くて太いムダ毛に高い効果を発揮します。

しかし、高い効果が期待できる分、痛みも強く出ることがあります。特に、濃くて太いヒゲやビキニラインのムダ毛に照射すると痛みが強くなるとのことです。

しかし、クリニックでは痛みを軽減するための工夫もしているため、痛みに弱い方は事前に相談すると良いでしょう。クリニックではカルテを作成し、照射方法や痛みについても記載しています。

そのため、別の医師が担当する場合も、照射レベルをチェックしています。

また、照射する際に、担当医が声掛けをしているところもあり、突然、照射され痛みで驚かないように配慮しています。

その他、冷却装置が搭載された機器を導入しているところもあり、そのような機器であれば、痛みややけどを最小限に抑えることができます。

痛みを抑えるには麻酔を用いる

麻酔には、笑気麻酔麻酔クリームの2種類があります。

笑気麻酔は機械で吸入するガスタイプの麻酔です。酒に酔った時の感覚にして、痛みを感じにくくする仕組みになっています。

ただ、お酒に強い人は効きにくく、不快感を伴う場合もあります。笑気麻酔が合わない方には、塗るタイプの麻酔クリームを使用します。

これらの麻酔を使用することで、痛みを完全になくすことはできなくとも、かなり軽減することが可能です。

名古屋のメンズ脱毛クリニックの
ランキングをチェック

pagetop